ラン活★2018年はいつから?

yjimage (11).jpg

小学校入学を前に、いわゆる“ランドセルを購入するための活動”のことをさす「ラン活」。年々時期が早まって人気店の競争が激化。

2018年入学の子供たちのラン活はいつから始まるのか、調べてみたら驚きの「もう始まってる」状態!

今年の人気のランドセルはいつから販売開始なのか、人気店はどこなのか 調べてみました!


ラン活 2018年用はいつから開始?


愛する我が子や、かわいい孫に最高のプレゼントとなる ランドセル。小学校入学を祝うとともに、ここまで大きくなった子供たちの成長を喜ぶ、幸せな贈り物ですよね。

思い入れが強いだけに、購入者である両親や祖父母の意気込みは凄い物がありますよね~。それが年々激化していると耳にしたのは昨年の事でした。

我が家の子供たちは、年末の12月ごろ、祖父母に買ってもらった記憶があるので、ずいぶん早くにランドセルかうんだな、と驚いたのを覚えています。

そろそろ、2018年入学の子供たちのためのラン活がスタートする頃かな?と調べてみたら 実はもうスタートしているようです。各社5月の中旬あたりから予約スタートしているみたいですね~。

何と!! 一つ上の子たちが入学してわずか1ヶ月で 来年のランドセルを決めるための活動をするなんて、買った後【燃え尽き症候群」みたいになりそうです。



スポンサーリンク








ラン活とは?

yjimage (12).jpg

そもそもラン活って何をするか知ってますか?

正式には「ランドセルを購入するために 資料集めや展示会に行き お目当てのランドセルを購入する事」だそうです。

購入って言ったって、もちろんこれだけの気合の入れようなので、「予約購入」が当たり前です。
だって、そうでなければ完売しちゃって、購入できなくなってしまうんです。

ランドセルなんて、量販店に行けば売ってるでしょう?
うちの子は、地元量販店と イオンで買ったんだけどね。

量販店で、予約前の展示会なんてやってたかな?



ラン活で人気のランドセルは?


ラン活という言葉が有名になったのは、工房系のランドセルが人気になったのが 大きく関わっています。


工房系とは、量販店に卸すような工場でできたランドセルではなく、いわゆる「鞄専門店」の職人さんが手作りで制作する
ランドセルの事。


これが、2~3年前から大人気になって来て、展示会で子供が背負ってみるまでに2時間待ち、何ていうこともあったようです。

人気店で有名なのは、
 ●土屋鞄製作所
 ●鞄工房 山本
 ●黒川鞄工房
 ●中村鞄製作所
 ●池田屋

あたりですね~。ニュースで取り上げられたり皇室御用達のお店だったりします。こういったお店では事前展示会や展示販売会を行っているようですね。



ラン活が活発になった理由は?


入学時にはたくさんの準備品が必要だから、我が子の入学は嬉しいけど、ランドセルって高いよね。。。
と、親ならみんな 頭を悩ませますよね~。

それなのに、真逆を行くラン活は どうしてこんなに白熱しているんでしょう?

ラン活が活発になったのには、もちろん少子化が関わっています。子供が少ないから あいする我が子や孫に少しでもいいものをと言った意識が働くようですね。

それと、スマホの普及に伴う、インスタ人気。

我が子のランドセルを載せる親が増えたんじゃないかな~。
そこには嬉しさや自慢、色んな感情があるとは思います。それを反映したのが
ランドセルを買った時の決めてを聞いたアンケートです。


17-4-10-ct02.jpg
 引用:https://pinto.style/detail/221


なんと!
「色・デザイン」が1位なんですね!! もちろん軽さや丈夫さも入っていますが他にも「ブランド」というものもランクインしています。

ここには何か親の見栄的なものが見え隠れしているようでなりません。。。( ;∀;)

インスタ映えするランドセルって、工房系の方が確かに個性的でいいですもんね。

では、人気の工房系 2018年の販売開始はいつからなんでしょう?


スポンサーリンク







ラン活 2018年 工房系ランドセルの販売開始はいつから?

yjimage (13).jpg

先に挙げた、工房系ランドセルを販売する鞄店の販売開始のご紹介をしたいと思います。


●土屋鞄製作所


土屋鞄.jpg

ラン活で有名なお店です。販売開始になると 殺到するため事前に事前の会員登録がオススメです。

【展示・受付開始について】
 ・5/24先行展示開始、
 ・6/27WEB先行注文開始

【素材別ランドセル 価格の目安】
 ・牛革:64,000~75,000円(軽井澤シリーズ:140,000円)
 ・コードバン:92,000~11,0000円
 ・クラリーノ・エフ(人工皮革):58,000、64,000円
 ・アトリエ:クラリーノ・エフ68,000円・イタリアンレザー75,000円
 ・ヌメ革:100,000円



●鞄工房 山本


ラン活で、購入希望者が殺到し何時間も待ったとか、サイトがダウン・電話も不通とか、かなり話題となった工房です。

そのため、2018年用のランドセル販売については、WEBのみで、モデルごとに販売開始時間を細かく分ける、という対策を取っているようです。

山本 時間差.PNG

また、販売開始の6月10日・11日には 販売専用ページ以外をアクセス不可にして、サイトへの負荷を軽減。販売期間中は全店舗を休業して受注対応にあたるという徹底ぶりです。企業努力がうかがえますね。

【展示・受付開始について】
 ・6月10日・11日にWEBのみで販売開始。
 (モデルごとに細かく販売時間を設定)
 ・販売時間は 20:00より 
  モデルにより日にち・時間が違うので事前に要確認。

【素材別ランドセル 価格の目安】
 ・牛革:55,000~79,000円
 ・人口皮革:59,000円・63,000円
 ・コードバン:89,000円
 ・総コードバン:119,000~179,000円



スポンサーリンク







●黒川鞄工房


黒川鞄のランドセルの特徴は、厳選された天然素材と手作り・革の美しい発色。
形もかぶせ部分が長い(底の部分を覆う様なデザイン)ロングフラップデザインや、ブライドルレザーのランドセルなど、他ではあまり見かけない珍しいランドセルにも注目です。

【受付開始について】
 ・2017年5月18日(木)午前10:00 より

【素材別ランドセル 価格の目安】
 ・牛革:62,640・73,440円
 ・コードバン:95,040~170,640円
 ・総コードバン:213,840円
 ・ブライドルレザー:105,840円


●中村鞄製作所


中村鞄のランドセルはベーシックでどことなく落ち着きを感じるデザインなんですが、そこに加えコンビデザインのカラー展開が豊富で、お気に入りのカラー魅力です。

【受付開始について】
 ・4月17日より
 (9/1まで早割中 残りわずかな商品もすでにあります)

【素材別ランドセル 価格の目安】
 ・牛革:58,000円
 ・コードバン:82,000円
 ・ベルエース(人工皮革):46,000円・48,000円


●池田屋


池田.jpg

池田屋ランドセルには「適正価格で供給する」というコンセプトがあり、一つだけのデザインの中でも素材の差で幅広い価格帯が決められていて、バランスの良いラインナップが特徴です。

老舗ランドセルメーカーなので、様々なノウハウのある安心できる鞄店です。

また、毎年全国さまざまな地域をめぐる池田屋ランドセル展示受注会で、そのまま注文できるのも魅力です。

【展示・受付開始について】
 ・ネット販売開始しています。
 ・6/10 狛江市(東京) 狛江エコルマホールより全国で行われます。
 ・開催時間 各会場10:00~16:00

【素材別ランドセル 価格の目安】
 ・防水コードバン:91,800円
 ・防水牛革:62,640~64,800円
 ・ベルバイオスムース:55,080円 
 ・クラリーノ:42,120~51,840円




さいごに



いかがでしたか? じつは、記事を書いているのは2017年6月10日なのですが、工房系ランドセルのお店では、既に販売開始されている所も多く、しかも一部完売商品もでているようで、本当に驚かされました。

でも、手作りランドセルはもともと製作数・提供数が少ないので、どうしても完売が早くなってしまいますよね。

でも、焦らなくても大丈夫じゃないかと思うんです。一生に一度のランドセル選び、今からでも全然遅くないし、むしろ早いくらいだと思うので 親子で素敵なランドセル選びをしてくださいね♪


スポンサーリンク