ストロベリームーン 2017年のお天気は?

strawberrymoon1.jpg


一年に一度、赤い満月が見えるのは2017年では、今日6月9日です。年一回という珍しさもあって、話題となっていますが、なんといっても気になるのはお天気ですよね?

この前話題になったスーパームーンだって、雲で隠れて見えなかった地域もあるくらい。
今年のストロベリームーンが見えるのか、お天気や時間を調べてみました。




ストロベリームーンが見える?お天気はどう?

気になる明日 2017年6月9日の天気は、関東地方や東北地方では晴れ時々曇りで、その他の地域は概ね晴れの予報。


気象庁の発表の9日の天気予報はコチラです。


天気9日.png

明日10日の予報はコチラ。天気10日.png


全体的に安定したお天気のようです!!
これはもう、見るしかないですよね!



スポンサーリンク







では、実際に見る前にストロベリームーンのことをお勉強♪
どうして、赤く見えるんでしょうか? 
どうして1年に一回だけなんでしょうか?



ストロベリームーンが赤い月になる訳は?

やっぱり気になるのは、ストロベリームーンが何で 赤い色になるのかということ。

その理由は月と地平線の近さにあるようです。近ければ近いほど高度が低ければ低いほど、月が赤みを帯びます。

だから、朝日や夕日が赤く見えますよね?

ストロベリームーンは夏至に一番近い6月の満月の日に見られるそうですよ~。
2017年の6月の満月と言えば、6月9日だそうです。

日本のある北半球では満月は夏に低く、冬には高くなります。
そんな訳で、夏至に近い6月の満月は夜中でも赤くなるんですね。

うん。ちょっと勉強になったなぁ。
月が登り始めたころに赤い大きなお月様を見たことがあったけど、まぁ、そういうことなんですね。


それにしても、レッドムーンとかピンクムーンとか単純に色を付ければ良さそうなものなのに、ストロベリームーンだなんてずいぶん可愛らしい名前を誰が付けたんでしょう?


スポンサーリンク







ストロベリームーンの名前の由来は?


yjimage (7).jpg

6月に赤く見える付きの事を「ストロベリームーン」というのは、どうやらアメリカ発祥のようですね。

何と、名付け親はネイティブアメリカン。彼らの農作物「苺」が収穫を迎える時期に見られるから「ストrベリームーン」と呼ばれるようになったんだとか。

まぁ、昔なら自然な流れの名前の付け方ですが、響きだけだと何だか可愛かったり、ロマンティックな感じがしますよね。


だからなのか、いつからかストロベリームーンに関するおまじないが囁かれるようになりました。
気になるおまじないとはコレ! ↓ ↓




ストロベリームーンのおまじないが効く?


prcm_news-gazo-11269-1.jpg

ちょっとかわいくて、ロマンティックな名前のストロベリームーン。
名前にちなんでかどうかわからないけど、どうやらおまじないがあるそうですよ。


yjimage (10).jpg


それは、「好きな人と一緒に見ると 恋が成就する」というもの。

おお。これ、いいですね。だって、一年に一回の貴重な月を眺めながら 盛り上がっちゃうわけですよね?
告白も何だかうまく行きそうな気がします。


でも、あんまり深夜だとさすがに一緒に見ようと誘うのも気が引けてしまいます。
ストロベリームーンが見える時間帯は何時くらいなんでしょう?



スポンサーリンク








ストロベリームーンが見える時間帯は?


yjimage (9).jpg

一年に一回となると、見逃さずにしっかり目に焼き付けたいものです。
しかも、恋を成就させたい! なんておまじないに頼りたいならなおさらですよね?


ストロベリームーンの見られる時間帯は、国立天文台(NAOJ)によると「22時10分」だそうです。

良かった!深夜帯だと無理かなぁ、と思っていたけど、この時間帯なら子供と一緒に珍しい赤い月を観察できそうです!


あれ?でも待って。 どっちの方角を見ればいいんだろう。。。?



ストロベリームーンが見える方角は?

ストロベリームーンはもちろん「月」なので、月が見える方向ならどこでも大丈夫。

yjimage (8).jpg

月って、夜空をぐるっと見渡せば どこかに輝いでいますよね♪ もちろんこれには特に見やすい地域とかはないようです。
このいつもの月が、明日は赤く輝いているなんて何だか興奮です!


いかがでしたか?
一年に一度のストロベリームーン。今まで知らなかったけどとっても気になってきました。

ストロベリームーンを、思ったよりも早い時間帯で見ることが出来るようで嬉しいですね。
しかも、お天気もバッチリな様子。
今日はもう、大切な誰かと一緒に珍しい赤い月を眺めたいところですよね。

私は家族で珍しい月の観測をしたいと思います♪



スポンサーリンク